歯並び美人・歯科矯正講座  
歯の裏側(舌側)矯正歯科/成人(大人)女性の為の歯列矯正歯科治療/歯並び美人・歯科矯正講座

 歯科矯正学とは、その歴史 

歯槽突起や顎の成長発育に影響を与える。矯正歯科・歯列矯正/歯科矯正学的考察その6

ある種の不正咬合によっては、歯槽突起ひいては顎の一部の成長発育に影響が及ぶ事がある。たとえば乳歯咬合、混合歯咬合の時期に前歯の反対咬合がある場合、上顎前歯部歯槽突起部や顎間骨の領域の前方成長が阻害される事がある。
また、乳歯咬合や混合歯咬合期に臼歯部の交叉咬合が長期にわたって放置された場合、顎の非対称的な成長が起こる事がある。また、極度の過蓋咬合で、その前後的成長が抑制される事もあり得る。

補綴作業を困難にする事がある。矯正歯科・歯列矯正/歯科矯正学的考察 その7

傾斜歯、歯間空隙、喪失歯などの存在は補綴処置に際してときに困難を生ぜしめ、優れた修復物の製作を不可能にする事がある。これは審美的にも機能的にも望ましい事ではない。

顎関節の障害を起こす事がある。矯正歯科・歯列矯正/歯科矯正学的考察 その8

安静位から咬合位に移る場合に、不正咬合があると、ときに咬頭干渉、早期接触などによって顎が異常な方向に誘導される。長期にわたってこのような状態が続くことによって、顎関節の障害を起こす事がある。また、高度の過蓋咬合などのために顎関節の違和感や疼痛を訴える事もある。

筋肉の行動型に影響を与える。矯正歯科・歯列矯正/歯科矯正学的考察 その9

不正咬合の存在が筋の形態や行動型に影響を与える事もある。たとえば上顎前歯の前突が口腔周囲筋の異常な行動型を引き起こしたり、開咬が固有口腔の閉塞を困難にする結果、異常嚥下行動を起こしたりする事はまれではない。

心理的な影響を与える。矯正歯科・歯列矯正/歯科矯正学的考察 その10

歯並びや咬合が悪いという事は近代社会では多くの場合心理的な問題である事が多く、個人の社会生活で劣等感として存在するために円滑な適応ができない事がしばしば見受けられる。

まとめ

見た目や形が悪いだけなら病気とは言えません。ただ、歯並びが悪いとそれが原因で起こる問題はたくさんありました。
歯並びが悪い所はいくらていねいに歯ブラシをしてもプラーク(歯垢)は残ってしまいます。プラーク(歯垢)は、虫歯や歯肉の炎症や歯周病の原因にもなります。
また、口臭の原因だったり、歯を含む口元の概観をそこねる事にもなります。歯並びが悪いと噛み合わせが悪く、噛み合わせが悪くなると、身体面での具合(病気)や精神面でのアンバランス、ストレス、コンプレックスの大きな原因にもなります。
意外な事に歯や歯並びは、体全体や心にまで大きな影響をおよぼす事があります。
歯は知らない間に動きます。歯列矯正治療は、この原理を逆転の発想で用いています。たとえば歯が抜けたりすると、それをそのままにしておくと、他の歯が倒れるように傾斜したり、歯の間隔にすきまができたりします。また、噛み合わす対の歯が延出(延び出てくる現象)したりと信じられない現象が口の中で起きてきます。その結果、前歯の歯並びや口元の形がまったく変わってしまう事も起こり得るのです。
歯並びの悪さを矯正し、口元が美しくきれいになると、自分の容貌に自信がもてるようになり、特に女性の方はより社交的に活発になったり、見違えるように明るい性格に変わる事もよくあります。
矯正歯科・歯列矯正
<<前ページへ
▲ページのトップへ
 矯正歯科とは、歴史 矯正歯科治療の心構え なぜ矯正抜歯するの? 外科矯正ってなに?
裏側からの矯正歯科治療で本当にキレイになる? リティナー保定治療とは アメリカで流行のインビザラインって?
フェイスエクササイズ、ホワイトニング 歯科矯正中のメイク・費用・医療費控除 歯列矯正ギャラリー
成人女性の歯列矯正講座矯正歯科相談ドクター HOME