歯並び美人・歯科矯正講座  
歯の裏側(舌側)矯正歯科/成人(大人)女性の為の歯列矯正歯科治療/歯並び美人・歯科矯正講座

 歯科矯正学とは、その歴史 

矯正歯科、歯列矯正治療の目的

矯正歯科、歯列矯正治療の目的がどこにあるかは、不正咬合であってはなぜ不都合であるかを考える事によってひき出される。不正咬合によってもたらされるであろう生理学的ならびに心理学的な障害には次のようなものがあげられる

矯正歯科・歯列矯正/歯科矯正学的考察

不正咬合によってもたらされる障害について

虫歯発生の誘因となる。矯正歯科・歯列矯正/歯科矯正学的考察 その1

虫歯の発生には多くの要因が関与しているが、歯列や咬合に乱れがあると自浄作用が阻害されて不潔面が増加し、虫歯の発生をうながす場合が多い。

歯周疾患の誘因となりやすい。矯正歯科・歯列矯正/歯科矯正学的考察 その2

排列不正があって口腔清掃が十分に行われにくい場合、辺縁歯肉の炎症をおこすことは日常よく見られるところである。咬合の不正によって特定の歯が対合歯と早期に接触したり、咬頭干渉を生じる事もあって負担過重の原因となる事がある。過蓋咬合の場合、炎症を引き起こす事もある。

発音に影響する。矯正歯科・歯列矯正/歯科矯正学的考察 その3

正しい発音には正しい歯列と咬合、舌を含めての口腔周囲筋の正しい機能が要求される。不正咬合と発音障害との結びつきがあげられる。

咀嚼機能、能率への影響がある。
矯正歯科・歯列矯正/歯科矯正学的考察 その4

口腔の重要な機能である食物の摂取や咀嚼、嚥下などは、正しい咬合や正しい咀嚼運動によって最大の能率をあげ得るのであるが、不正咬合が咀嚼能率を低下することがある。

外傷にかかりやすくなる。矯正歯科・歯列矯正/歯科矯正学的考察 その5

上顎前歯の前突や捻転歯のある場合には、外傷を受けて歯の破折を起こす事が多い。
<<前ページへ  次ページへ>>
▲ページのトップへ
 矯正歯科とは、歴史 矯正歯科治療の心構え なぜ矯正抜歯するの? 外科矯正ってなに?
裏側からの矯正歯科治療で本当にキレイになる? リティナー保定治療とは アメリカで流行のインビザラインって?
フェイスエクササイズ、ホワイトニング 歯科矯正中のメイク・費用・医療費控除 歯列矯正ギャラリー
成人女性の歯列矯正講座矯正歯科相談ドクター HOME