歯並び美人・歯科矯正講座  

歯の裏側(舌側)矯正歯科/成人(大人)女性の為の歯列矯正歯科治療/歯並び美人・歯科矯正講座

 親知らず歯の抜歯、なぜ矯正抜歯するの?

症例 上の歯が出ているケース:上顎前突を治したい場合

骨格の成長発育が終了した大人の女性の場合、歯を動かせるスペースと上顎骨の骨格のバランスを見る必要があります。歯並びが悪く口元にコンプレックス、上が出てるとか、受け口、八重歯や乱杭歯状態では、左右の第1、又は第2小臼歯の矯正抜歯が必要となってきます。
矯正歯科・歯列矯正 治療前の状態

このままでは、前に突出している感じは治せません。
左右上下の4本の親知らず歯の抜歯と上の左右第1小臼歯の計6本の抜歯が必要であったケースです。又、八重歯や乱杭歯の場合には下の左右の第1小臼歯を含めた計8本の抜歯が必要となります。
矯正歯科・歯列矯正 治療中の様子

そこで、上の左右の第1臼歯を抜歯する事で前歯を後ろに下げる事ができます。
矯正歯科・歯列矯正  
矯正歯科・歯列矯正 エステティックゴムやパワーチェーンゴムを用いて前歯を動かしています。
矯正歯科・歯列矯正 これで前方へ突出した感じがだいぶ良くなります。
矯正歯科・歯列矯正 歯の突出感や、歯同士の重なり具合が少なく微妙な場合(ストリッピング)、歯間部を各0.3mm程度研磨してスペースを作る方法もあります。
治療後の状態
矯正歯科・歯列矯正 矯正歯科・歯列矯正
矯正歯科・歯列矯正 矯正歯科・歯列矯正

<<前ページへ

▲ページのトップへ
 矯正歯科とは、歴史 矯正歯科治療の心構え なぜ矯正抜歯するの? 外科矯正ってなに?
裏側からの矯正歯科治療で本当にキレイになる? リティナー保定治療とは アメリカで流行のインビザラインって?
フェイスエクササイズ、ホワイトニング 歯科矯正中のメイク・費用・医療費控除 歯列矯正ギャラリー
成人女性の歯列矯正講座矯正歯科相談ドクター HOME