歯並び美人・歯科矯正講座  

歯の裏側(舌側)矯正歯科/成人(大人)女性の為の歯列矯正歯科治療/歯並び美人・歯科矯正講座

 親知らず歯の抜歯、なぜ矯正抜歯するの?

再生医療での親知らず歯胚の培養は10才〜13才までの顎骨中にある歯胚(歯の芽)を用います。
このWebサイトをご覧になられている方には必要のない、歯列矯正をするには「大変邪魔」になってしまう歯の事です。

親知らず歯が歯並びに悪い影響を与える

矯正歯科・歯列矯正

矯正歯科治療前の状態
このように奥歯の不連続性がドミノ倒しのように前歯にも影響しているのがわかります。

ほとんどのケースで大人の方は親知らず歯の問題があります。ただでさえ全ての歯がちゃんと並ばない窮屈な歯列です。親知らず歯が出てくるスペースはありません。歯列矯正治療を始めるなら事前に抜歯する事をすすめます。

矯正歯科・歯列矯正 成人してからさらに歯並びに悪い影響をおよぼす「親知らず歯」。
第三大臼歯とよばれ18才から23才位で生えてきますが、現代人の小さな顎ではうまく生えてこれません。
後方から押して歯列のズレを生じさせる原因の一つです。
よく、親知らず歯を将来の為にとっておいた方が良いと思われている患者さんがいますが、再生医療で用いる親知らず歯胚は10才〜13才の時に摘出して培養する必要があります。それにまだ研究段階です。現代人の小さな顎にとってはすでに定員オーバーです。抜歯してさしつかえありません。
矯正歯科・歯列矯正 一番後ろにある歯でななめに生えてきており、手前の歯を前方へ押しやっているのがわかります。
矯正歯科・歯列矯正 正面からのX線写真では、上下左右4本の”親知らず歯”が斜めから横向きに生えており歯列を乱していうのがわかります。

また、骨格の成長発育が終了した大人の女性の場合、歯を動かせるスペースがありません。
この様に斜めに生えている親知らず歯は、歯列矯正治療をスタートさせる前に抜歯しておく必要があります。抜歯に当たっては大学の歯科口腔外科などの専門的な所に紹介させていただく場合もありますが、安心して治療を受けていただけます。

骨格の成長発育が終了した大人の女性の場合、歯を動かせるスペースと上顎骨の骨格のバランスを見る必要があります。歯並びが悪く口元にコンプレックス、上が出てるとか、受け口、八重歯や乱抗歯状態では、左右の第1、または第2小臼歯の矯正抜歯が必要となってきます。

次ページへ>>

▲ページのトップへ
 矯正歯科とは、歴史 矯正歯科治療の心構え なぜ矯正抜歯するの? 外科矯正ってなに?
裏側からの矯正歯科治療で本当にキレイになる? リティナー保定治療とは アメリカで流行のインビザラインって?
フェイスエクササイズ、ホワイトニング 歯科矯正中のメイク・費用・医療費控除 歯列矯正ギャラリー
成人女性の歯列矯正講座矯正歯科相談ドクター HOME