歯並び美人・歯科矯正講座  

歯の裏側(舌側)矯正歯科/成人(大人)女性の為の歯列矯正歯科治療/歯並び美人・歯科矯正講座

 リテイナー・保定治療とは

クリアリテイナーと、インビザラインについて

インビザラインとは、インビジブル:見えない+Theライン:歯列矯正が合わさった言葉です。
せっかく、歯の裏側、舌側矯正治療でがんばったのに、保定装置でまたワイヤーが表に付くのは、せつないでしょう。
そこで登場したのが、見えない歯列矯正(保定装置)クリアリテイナーいわくインビザラインです。
インビザライン その人の歯型を取って、その上で厚さ0.9mmのプラスティックシートをプレスして作製します。
ご覧の通り無色透明で無味無臭でアレルギーもありません。
インビザライン これを、お口の中に入れてご自分の歯にぴったりとはめ込みます。
これが歯列がたるまない様にキープするリテイナー。トゥース・ファウンデーションとアメリカの女性が言っている理由です。
インビザライン 実際に付ける所を見ていきましょう。        
インビザライン おもむろに、ご自身の歯列に合わせて、後ははめ込むだけ。女性の方はみなさん器用ですのですぐできます。何も心配ありません。
インビザライン ほら、出来ましたネ、どこか痛みますか?最初の2〜3日は、ちょっときつめかもしれませんがすぐになじんできます。
インビザライン ご覧の通り、見えない透明“インビジブル”リテイナーです。

これを歯列矯正治療に応用したものがインビザラインです。

インビジブル・クリアリテイナー・ティースライン=インビザライン矯正法とは。

インビザライン この様な透明なクリアリテイナーを通常36ケースから48ケース作製します。
つまり、歯並びの悪い歯列模型を、0.25mmずつきれいなアーチ状の歯列模型になるまで模型の上で歯列を動かして、つまり、段階的に歯並びが良くなってゆく歯列の模型を36組〜48組こしらえて、1組ごとにプラスティックシートをプレスして作ってゆきます。2週間ごとに新しいものにつけかえます。
患者さんは、食事以外の24時間このクリアリテイナーをつけていなければなりません。ワイヤーを用いた時の様なダイナミックな歯列矯正には向かないのです。
アメリカ人のほとんどが10代の頃にワイヤーを用いた歯列矯正を行っています。その比は日本人の実に30倍です。成人して10年も経つと、ちょっと歯列が乱れてきます。これが後戻り現症です。わずかな歯列不正ですから、この様なクリアリテイナー・インビザラインで十分対応できるのです。
ヘビーデューティーな日本人にファーストチョイスで行うにはまだちょっと無理があるかもしれません。歯列矯正治療についての正しい知識を身につけて、賢い選択をして下さい。
 
<<前ページへ
▲ページのトップへ
 矯正歯科とは、歴史 矯正歯科治療の心構え なぜ矯正抜歯するの? 外科矯正ってなに?
裏側からの矯正歯科治療で本当にキレイになる? リティナー保定治療とは アメリカで流行のインビザラインって?
フェイスエクササイズ、ホワイトニング 歯科矯正中のメイク・費用・医療費控除 歯列矯正ギャラリー
成人女性の歯列矯正講座矯正歯科相談ドクター HOME